泌尿器科naviの記事一覧 - 新宿の泌尿器科まとめ お医者さん探しnavi

HOME » 泌尿器科navi

泌尿器科navi

女の泌尿器の診察

女の泌尿器の診察

泌尿器科では女の泌尿器の診察もしています。

この病院は男性向きというイメージを持たれがちですが、泌尿器とは腎臓、膀胱、尿道といった尿の通り道にあたる臓器のことですから、当然女性にもあるのです。

そして女性の泌尿器に何らかの病気が起こることはもちろんあるため、女性でも泌尿器科を利用する機会はあります。

≫ 『女の泌尿器の診察』

ニキビ化粧品は保険適用内?

保険適用内は化粧品ではなく薬

インターネットなどで調べると、「保険適用された化粧品が処方された」という内容を目にすることがあります。

健康保険は、お金がない人でもケガや疾病を治療しやすいように作られた仕組みです。

そのため美容目的として作られた化粧品が保険適用内となることはありません。

ニキビは、保険適用内の治療で対処可能

ただし「保湿」や「皮脂分泌を抑える」など、化粧品と同じような効果を持つ薬が処方されることはあります。

こういった薬が、化粧水や美容液の代わりとして使えます。
≫ 『ニキビ化粧品は保険適用内?』

検査項目の例

泌尿器科での検査

泌尿器科では泌尿器や男性の生殖器の診察をしており、医師の問診のほか、検査が行われることもあります。
どんな検査が行われるのか、その検査項目の例をいくつかご紹介しましょう。
≫ 『検査項目の例』

泌尿器の痛み

泌尿器の痛み

体にはいろいろな不調が起こりますが、泌尿器に痛みがあるといった不調が起こる場合もあります。
しかし泌尿器といってもどこのことかよくわからない場合もあるでしょう。
これは腎臓、膀胱、尿道など、尿に関係する臓器になります。
泌尿器の痛みとしてよくあるのは、ずっと痛みがあるのではなく、おしっこをしたときに痛みがあるというものです。
男性なら尿道炎、女性なら膀胱炎でこのような症状が出ます。
どちらも泌尿器で炎症が起きており、それがおしっこのときの痛みにつながります。

そのほか、男性で多いのですが尿路結石により大変強い痛みが出るという不調もあります。
これは体の中に結石ができるという病気になり、その石が動いて尿道に入るなどすると激痛がする場合があるのです。
これも泌尿器の痛みの症状になりますね。
場合によっては耐えられない痛みとなり、ただちに病院を受診することになるでしょうが、そこまでの痛みでなくても、泌尿器の痛みと思われる症状が続いているときは病院を受診するといいでしょう。
≫ 『泌尿器の痛み』

泌尿器科の診察内容

泌尿器科の診察内容

泌尿器科ではどんな診察内容となるのか、病院の名前だけではあまりイメージがわかないこともあるでしょう。
この病院が診ているのは主に尿に関係する臓器のほか、尿に関する異常やお悩みなどとなります。
それが主な診察内容となります。
なぜそうなるかというと、そもそも泌尿器科の泌尿器とは尿に関係する臓器のことです。
耳鼻科が耳や鼻や喉などを診ているように、泌尿器科では泌尿器を診ているわけです。
泌尿器とは尿に関係する臓器、具体的には腎臓、膀胱、尿道といった部位となりますから、それらの診察をしているわけです。
また、男性の生殖器も一緒に診察しています。
これら部位に異常が生じることもありますから、そのようなときは泌尿器科で診察を受けてみてください。
≫ 『泌尿器科の診察内容』

泌尿器科での検査費用

泌尿器科での検査費用

泌尿器科を受診すると検査を受ける機会も多いです。
この費用としてどれくらいかかるのか、気になる方も多いですよね。
まず泌尿器科の検査費用は保険が効くのかについてですが、何か気になる症状が出ており、医師が診察のために検査を必要と判断すれば、保険適用となります。
まったく症状がない場合や、医師の方で必要性を認めない場合などに、患者の希望によって検査をしてもらうと、それは健康診断などと同じ扱いとなり、保険適用とならないことが多いです。
どちらなのかで検査費用もかなり変わりますから、特に自由診療で検査を受けることになりそうな場合は、費用について事前によく確認しておくといいです。
≫ 『泌尿器科での検査費用』

カンジダについて

カンジダとは

泌尿器科などで相談される病気の一つがカンジダとなります。
これは性病の一種と思われるかもしれませんが、カンジダは一般的な性病とは少し違う特徴もあります。
クラミジアや淋病などよくある性病は、基本的にはすでに病気を持っている方との性行為などを通してうつります。
つまり性行為などを一切していない方が感染する可能性は非常に低いのです。
それに対してカンジダは性行為とは関係なくなる場合もあります。
この点が一般的な性病とは少し違うポイントです。
≫ 『カンジダについて』

クラミジアについて

クラミジアを診られる病院はある?

クラミジアになったかなと思うときは、それを診られる病院に行く必要があります。
新宿の泌尿器科にクラミジアを診られる場所はあるかというと、これはたくさんありますからほとんど心配いりません。
なぜかというと、クラミジアは患者数の多い主な性病となっているためです。
性病を診られる泌尿器科でクラミジアの診察や検査、治療をやっていない場所はほとんどありません。
ですから性病を診られる新宿の泌尿器科に行く場合、クラミジアの相談はできることがほとんどです。
診察を受けたいときはひとまず受診して医師に相談するといいでしょう。
≫ 『クラミジアについて』

結石について

結石とは

泌尿器科の病院を利用する機会に結石ができたときがあります。
結石とは何かというと、体の中にできる石のことです。
この石は体内の分泌物などの成分が固まることでできます。
腎臓から尿道までの間に石ができる尿管結石が比較的有名ですね。
これになったときは泌尿器科を利用することになります。

体内に石ができると聞くと少し怖い病気のように思えますが、これができるとどのような不都合があるのでしょうか?
尿管結石の場合、その石が動いて尿道に入ると非常に強い痛みが出ます。
身動きが取れないくらいの痛みになることもあり、救急車が呼ばれることもあります。
それくらいの強い痛みが出ますから、もし石が動いて痛みが出始めたら一時的に日常生活が正常に送れなくなる方が大半ですね。
泌尿器科で診てもらえる結石とはこのような比較的強い症状が出るものですから、結石ができていないか不安だったり、何らかのきっかけで結石がすでにできていることがわかったりしたら、早めに泌尿器科を受診しましょう。

泌尿器科での診察

泌尿器科を利用した経験がない方など、どのような診察が行われるのか少し不安がありますよね。
結石のために受診した場合、まずは問診などで症状について聞かれます。
尿管結石の自覚症状としては先にご紹介した強めの痛みのほか、血尿なども症状となります。
これら問診のほかに結石ができているか検査が行われることも多いです。

どんな検査かというと比較的簡単なのは尿検査です。
尿を提出してその成分を調べてもらい、それで結石の有無を調べられるのです。
このほかにはレントゲン、超音波、CTなどで患部の画像を取り、それで結石の有無を判断する場合もあります。
あまり痛い検査にはならないことが多いですから、気軽に泌尿器科まで相談してみてください。

新宿にいい病院はある?

結石ができたときに頼れるいい病院は新宿にあるでしょうか?
駅近にある泌尿器科がこの症状を診られます。
評判はかなりいい病院です。
駅に近いのも人気ですが、プライバシー配慮もかなり力を入れている病院で、デリケートな悩みの相談もしやすいとよく言われています。

このほかでは駅近にまた別の泌尿器科もあり、そちらでも尿管結石の対応ができます。
こちらは夜間診療で評判の病院です。
遅い時間に受診したいときはこちらを考えるといいでしょう。
このように新宿駅の近くには結石ができたときに頼れる病院がいくつかあります。
結石について相談したいことがあれば利用するといいでしょう。

駅近での前立腺の診察

前立腺は男性にだけある生殖器となりますが、こちらの部位に病気や異常が起こることもあります。
最近増えているのは前立腺ガンです。
以前はあまり日本人には多くなかったガンですが、生活習慣が変わってきたことで日本人男性にも増えてきているガンです。
このガンに限らず前立腺の異常や病気は起こりますから、健康に気をつけたいなら定期的にこの前立腺の診察を受けるといいでしょう。
駅近でこの診察ができる泌尿器科の病院はあるでしょうか?
≫ 『駅近での前立腺の診察』